楽しくレクリエーション!

レクリエーションは介護の現場に欠かせない!

介護レクリエーションを知ろう当サイト「楽しくレクリエーション!」では介護の現場に欠かせないレクリエーションについて、種類や与える影響などを詳しく紹介しています。レクリエーションはそれぞれの要介護度に合わせて行うことができるため、程度にかかわらずどなたでも参加可能です。

「楽しくレクリエーション!」について

レクリエーションは高齢者に良い効果があるといわれています。当サイト「楽しくレクリエーション!」ではレクリエーションがもたらす効果や具体的な内容などを詳しく紹介していきます。多くの介護施設でレクリエーションが取り入れられているとはいえ、担当になるかどうかは働いてみなければわかりません。もしレクリエーションに深く携わりたいのであれば、レクリエーション介護士の資格を取得したりレクリエーションに力を入れている介護施設に転職することをおすすめします。

Category

ご利用にあたって

当サイト「楽しくレクリエーション!」をご覧いただきありがとうございます。こちらは当サイトのご利用条件を記載しているページです。当サイトをご利用になる前にご一読いただきますようお願い申し上げます。また、当サイトのご利用条件は予告なく変更する場合もありますので、あらかじめご承知おきいただければ幸いです。なお、当サイトを快適にご利用いただくために、推奨環境や免責事項、禁止事項も記載していますので事前にご確認ください。

ご利用にあたって

介護レクリエーションとは

レクリエーションは高齢者の身体機能の維持や向上、認知症の予防や進行抑制に効果があるとして多くの介護施設で取り入れられています。しかし、介護施設には年齢や性別、要介護度の異なる高齢者が入居しているため、すべての人が同じレクリエーションをするのではなくそれぞれの要介護度に合わせてルールや難易度を変えることが大切です。また、高齢者の中にはレクリエーションに参加したくないと拒否する人もいますが、どのような内容なら参加してくれるのか、チェックシートを活用してその人の希望を引き出しましょう。

介護レクリエーションとは

実例と効果

脳を活性化させるレクリエーションには、裁縫や工作塗り絵やお手玉などの指先を使ったものやトランプやしりとりといった記憶力が必要なレクリエーションがあります。身体を動かすレクリエーションはゲーム要素の強いものが多く誰でも参加できますが、各自の要介護度に合わせて難易度を変える必要があります。また、レクリエーションは毎日のように行っているため内容が偏ってしまうことがありますが、さまざまなレクリエーションを紹介しているサイトを参考にすることでマンネリ化を防ぐことができます。

実例と効果

携わりたいと思っているあなたへ

レクリエーションにもっと携わりたいと考えているのであれば、レクリエーションの基本的な知識や高齢者とのコミュニケーション術が学べるレクリエーション介護士の資格取得やレクリエーションに力を入れている介護施設に転職することをおすすめします。レクリエーション介護士は難易度は高くありませんが取得まで時間がかかってしまうため、短期間でレクリエーションに携わりたいなら転職が近道です。専門のコンサルタントがサポートしてくれる転職エージェントをご利用いただき効率良く探しましょう。

携わりたいと思っているあなたへ
楽しくレクリエーション!