楽しくレクリエーション!

さまざまな力が身につく資格「レクリエーション介護士」

介護レクリエーションを知ろう当サイト「楽しくレクリエーション!」では介護の現場に欠かせないレクリエーションについて、種類や与える影響などを詳しく紹介しています。レクリエーションはそれぞれの要介護度に合わせて行うことができるため、程度にかかわらずどなたでも参加可能です。

レクリエーション介護士の資格を取得する

レクリエーション介護士とは

高齢者へ喜びや生きがいを与えて笑顔にできるスタッフを育成することを目的に設けられた資格です。レクリエーションの知識だけでなく高齢者とのコミュニケーションの取り方やレクリエーションの実行スキルを身につけることができますが、レクリエーション介護士の認定講座を受講し、修了試験に合格しなければ取得することができません。レクリエーション介護士の資格は「レクリエーション介護士2級」と上級の「レクリエーション介護士1級」の2種類ありますが、2級を取得していなければ1級を受講することはできないため、まずは2級を取得する必要があります。

レクリエーション介護士とは

レクリエーション介護士に向いているのは

レクリエーション介護士の資格を持っていれば、レクリエーションの企画や実施をスムーズに行うことができるようになります。介護施設でレクリエーションの担当になったけど何をすればいいのか分からない人やもっと喜んでもらえるようなレクリエーションを企画したいと考えている人におすすめの資格です。また、レクリエーション介護士の資格があれば地域のボランティアにも参加することができるため、自分の特技をボランティアに活かしたいと考えている人にもおすすめです。

応用力も身につく

レクリエーション介護士として活躍するために「高齢者に楽しんでもらえるレクリエーションを行うためにはどうすればいいのか」という視点で、楽しさを引き出す素材、レクリエーションの企画の立て方や企画書の書き方を学んでいきます。個別や集団、イベントなどさまざまな種類を理解し、展開できる応用力も身につけることができます。

自分のアイデアを実行できる

レクリエーションを実行するためには企画するだけでなく、アイデアを企画書として形にすることも必要です。レクリエーションの組み立て方や実行前の心構え、高齢者の安全に対する配慮などレクリエーションを実行するために必要な力も身につきます。

コミュニケーションがスムーズに取れる

レクリエーションの企画や実施だけでなく、介護の基礎的な知識や高齢期の心と身体の変化や問題、高齢者とのコミュニケーションの取り方や知っておいた方がいいルールなども学ぶことができます。高齢者との対話術や声かけの仕方、高齢者の状態に合わせたコミュニケーション術など、高齢者と接するための基本的な知識がバランスよく学べるため、習得した知識を活かして高齢者の人とよりスムーズにコミュニケーションが取れるようになります。

レクリエーション介護士になるなら

レクリエーション介護士と活躍したいならまずレクリエーション介護士2級を取得しましょう。受講するのに経験や年齢も問われず資格も必要ないため、レクリエーション介護士を目指したい人なら誰でも受けることができます。2級では介護の基本的な知識や高齢者との円滑なコミュニケーションの取り方、レクリエーションの企画・実施を学ぶことができます。日本アクティブコミュニティ協会の認定機関での講座を受講しなければなりませんが、受講方法は通学と通信の2種類があるので仕事をしながらでも取得することができます。